関聖帝君について

横浜 関帝廟

 關聖帝君は、西暦160年前後の後漢、三国時代にかけて活躍した実在の武将です。姓は關、名は羽、字(あざな)を雲長といいます。 後漢末期宮廷内部は宦官の悪政のため、漢王朝は末期的な症状を呈し、そのために世の中は飢饉と貧困が蔓延し、黄巾賊(太平道という宗教集団・頭部に黄色の頭巾を被っていたので黄巾とよばれた)の反乱が世の中を騒がせていました。 乱世をただすため、關羽様・張飛・劉備の三人は義兄弟の杯をかわし、義勇軍に参加し黄巾賊征伐に立ち上がります。
「我ら天に誓、我ら生まれた日は違えども、死すときは同じ日同じ時を願わん」
 これは劉備を長兄、關羽様を次兄、張飛を末弟とした義兄弟のそして主従の杯をかわしたときの有名な台詞で、これを「桃園の誓い」といい、この日より關羽様は劉備に生涯忠誠を誓い、義弟張飛とともに劉備を助け、国家の安泰のために国作りに立ち上がりました。
 それは、建安5年(西暦200年)劉備は小沛で曹操に敗れ、袁紹のもとに落ちのびたとき、關羽様の元には劉備夫人が居たために、曹軍の武将張遼の説得を受け入れ、曹操に降伏を決意します。しかし、關羽様は曹操に降伏するにも、次の3つの条件を引き替えに出しています。
1、曹操に降伏するのではなく漢朝に降伏する。
2、劉備夫人の安全を保証すること。
3、劉備が生きていることがわかれば劉備のもとに帰る。
 このことでも判るように、關羽様の劉備に対する忠誠心は、揺るぎない絶対的なものでした。曹操はこの様な關羽様の人柄に惚れこみ、偏将軍の位や金銀財宝を与え、さらに赤兎馬という名馬を与えたりと、礼遇をきわめました。しかし、關羽様は金銀財宝には興味を示さず、それらをすべて劉備夫人に献上し、赤兎馬だけを手もとに残し、これで劉備のもとに駆けつけられると喜んでいたといわれています。
やがて袁紹が白馬に攻め込んでくると、關羽様は曹操から受けた恩への返礼として袁紹軍の将顔良、文醜を切り曹操軍に勝利をもたらします。その後、離散していた劉備の行方が分かると屋敷を片付け、贈物をすべて曹操に返還し、劉備夫人をともない曹操のもとを脱出します。關羽様は劉備夫人を守りながら、5つの關所と6人の将を斬り倒し、劉備のもとへと向かったと言われています。
 また、「赤壁の戦い」や「荊州南郡進攻」などは、關羽様の義侠心の厚さをより一層物語るものとして語りつがれています。 まず、赤壁の戦いでは、逃げてきた曹操の命乞いに対し、それを許しています。袁紹軍の武将顔良、文醜を斬って恩を返したとはいえ、「義」に厚い關羽様は曹操の要求を断ることができなかったのです。荊州南郡の張沙城を攻めたとき、老将黄忠と一騎打ちを演じましたが、黄忠が落馬しても「馬を乗りかえられよ」と引き返していくなど、史上これほど義侠心に厚い人物は類を見ません。
また、關羽様は常に弱い立場である民衆の味方であったため、戦死した後も人々から支持され、關帝として祀られ崇拝され続けました。
 關羽様に対する崇拝は、蜀建国後七年、つまり死後九年(西暦228年)、蜀漢から壮繆候の謚(おくりな)を授かり、祭祀されたことから始まります。
 しかし、実際の民間における崇拝は唐朝時代から始まっています。歴代の王朝は關羽様の信義・忠勇の精神を世人の手本とし、さまざまな称号を贈り、神明として勅封しました。
 次に歴代の王朝から下賜された主な封号を挙げてみました。
 第一に、唐朝の高宗帝は、儀鳳元年(西歴676年)に「伽藍神」(がらんしん)の称号を贈り、神明として勅封しました。この称号はその後仏教の護法神明として使われています。
 第二に、明朝の神宗帝は萬歴42年(西暦1614年)に「三界伏魔大帝神威遠震天尊關聖帝君」の称号を贈り、神明として勅封しました。この長い称号が關聖帝君と略称され、後世儒家の亜聖と道教や通 俗信仰の神明の称号として使われています。
 第三に、清朝では満州で挙兵以来、常に關帝の神助が多大にあったということで建国後は王朝の守護神として手厚く祀られ、更に關羽様に「忠義神武霊佑仁勇威顕關聖大帝」と言う長い封号も贈っています。
 この様に朝廷と民衆の両方から支持をうけて、關帝廟は忽ちに、全国津々浦々各地に広まり、数千の廟が建てられました。あまりにも建てられた關帝廟が多くて、關帝一人では手がまわりかねるので、代理の關帝が務めたという、面白いエピソードも残っている程です。
 關帝廟は文廟と呼ばれる孔子廟に対して武廟と呼ばれていますが、実際は武神のほか、民間では老爺とよばれ、幽界のもっとも有力な神としても崇められていました。

  また武将として理財にも精通していたため、商人は「財神」すなわち金儲けや商売繁昌の神として信仰しています。 武将にとっても商人にとっても一番大切なものは信義・信用という点から、商業神としての信仰も厚く奉られています。關羽様に対する信仰は中国本土にとどまらず、次第に世界各地に広がりました。
三国志の場面が彫られた、
青斗石の壁面彫刻


關公収周倉為部将
關公白馬坡斬顔良
關公保嫂過關

關公刮骨療毒

關公單刀赴會

關公收關平為義子