関聖帝君について

横浜 関帝廟

横浜に關帝廟が開かれて、まもなく150年。
それは幕末から現在へと連なる、横浜華僑華人の歩みと重なります。
横竟霙詆世料老
 日本が開国して横浜の港が開かれたのは、幕末の1859年。多くの中国人が商人や職人として横浜を訪れ、外国人居留地(現山下町)で暮らすようになります。それからわずか数年後の1862年、一人の中国人が關羽の木像を抱いて、現在の地にささやかな祠を開いたといわれます。これが横浜の關帝廟の始まりです。
 故郷を離れての暮らしには不安が募ります。關羽の祠は日々の暮らしの安寧や商売繁盛を願う華僑の心の拠りどころとなっていきます。1871年、華僑たちの募金によって、本格的な關帝廟が建立されました。
初代關帝廟の姿
 明治の宮廷画家と称される五姓義松が、色鮮やかに描いた關帝廟の絵が残っています。神壇は赤・緑・金などの極彩色で彩られ、精緻な彫り物が施された前机は赤と金。前机の上の花立・火立・香炉の五具足は銀色に輝き、中央の大小の香炉には「中華会館」の文字があります。關帝が鎮座する厨司も赤と金、中央の關帝のご神体は全身が金色に輝き、黒い口ひげをたたえています。また神壇の両脇にはなぎなたや提灯が置かれ、天井には「威震華夏」(關羽の威光は中華を震わす)の扁額がかかっています。香港や広東などから運ばれてきた神壇や祭器が並ぶ廟内には、線香の濃い香りが漂っていたことでしょう。
 当時の横浜華僑は1,000人あまり。横浜の地にやってきて10年足らず。この短い期間にこれだけの立派な廟を建立したところに、關帝に寄せる横浜華僑の信心のあつさが表れています。
廟の拡張と改築
 1886年(明治19年)、關帝廟の敷地の拡張が行われます。さらに1891年(明治24年)には中華会館と關帝廟の大改築が行われ、煉瓦の高塀で囲まれた關帝廟は、城郭のような姿を誇ったといわれます。この時あらたに關羽のご神体が香港から運ばれました。
 この頃の關帝廟の様子を『横浜市史稿風俗編』が伝えています。廟の前には奉納された青銅の大香炉が置かれて、煙がもうもうとたちのぼり、正面には「乾坤正気」の大額。伽藍の門柱には、清朝の有名な政治家李鴻章がよせた「長風送万里浪」「海日照三神山」の対句の大聯牌を掲げられていました。廟の内部も荘厳なつくり。朱泥の欄干には精緻な彫刻が施され、天井や壁には龍や鳳凰の紋様が燦然と輝いていました。神壇は錦の緞子で飾られ、祭器は光沢を放ち、神壇の左右に並んだ青龍刀などの戎具は、百魔降伏の神威を現したといわれます。
關帝の祭
 關帝廟の祭祀の中では、旧暦5月13日の關帝誕が最も盛んでした。1876(明治9年)6月5日の『横浜毎日新聞』は、前日6月4日(旧暦5月13日)に例年通り祭りが行われ、關帝廟には漢の高祖の行灯人形や大提灯などが飾られていると報じています。また、『横浜繁盛記』(1903年)では、祭りの様子を「銅鑼やラッパがドンドンぼんぼんじゃかじゃかと素敵なさわぎである」と表現し、『官署学校病院社寺遊覧商業案内』(1913年)というガイドブックでは、關帝誕を横浜の年中行事の一つにあげています。
 1886年の廟所拡張から数えで25年目の1910年(明治43年)、關帝廟改修25年祭が盛大に行われました。7月29日から31日までの三日間にわたり、龍や獅子、鯛や孔雀の山車、大小の幟や燈籠などからなる500人あまりの大行列が、山下町・本町・横浜公園・海岸通りなど、横浜の中心街を練り歩きました。東京・横浜の新聞が写真入りで報じ、記念の絵葉書が出されるほどの賑わいでした。翌1911年(明治44年)4月には、關帝廟横浜鎮座50周年祭が盛大に行われ、關羽のご本尊を乗せた神輿が街にくり出しました。
関東大震災と二代目關帝廟
 1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で、中華街一帯は壊滅的な打撃を受け、關帝廟も倒壊します。震災以前には5,700人あまりであった横浜華僑は、1,700人あまりが亡くなり、助かった人びとの多くも、神戸・大阪、また故郷の広東・上海などに避難しました。
 しかし街の復興とともに、華僑は横浜に戻ってきます。中華街復活の象徴となったのが關帝廟の再興でした。1925年(大正14年)の秋、二代目の關帝廟が中華会館の裏手に再建されます。12月23日には、伊勢山大神宮の神官5人が臨席し、上海から送られた關帝の鋳像を安置して、開扉式が行われました。關帝廟の門柱には、「感情聯梓里、大義仰桃園 大中華民国十四年孟夏吉旦四邑公所敬送」と記された聯牌が掲げられました。
横浜大空襲と第三代關帝廟
 1945年(昭和20年)5月29日の米軍による横浜大空襲で、中華街は再び焦土と化し、關帝廟は焼失します。戦後、焼け跡からの再起が始まり、關帝廟も復活を果たします。横浜・東京・神戸・大阪の華僑の浄財を集め、工費60万円を費やし、1947年(昭和22年)初夏に第三代關帝廟が竣工しました。この廟は物資が欠乏するなか、古材を使い苦労を重ねて完成したものです。關羽様は街の戦後復興と成長を見守ります。
火事と第四代關帝廟
 1986年(昭和61年)元旦、關帝廟は火災に見舞われます。奇跡的にご本尊關羽と観音媽、地母娘娘の諸神明像は難を逃れましたが、廟の焼失は人びとに衝撃を与えました。しかし禍転じて福となります。 横竟霙詆精瞳委員会が組織され、中華街の総意と付託を受けて、広く各界・各層の要望をまとめ、討議を重ねて再建案を作成、着工しました。
 廟の設計は横浜華人の建築士が担当し、堂屋・堂宇の装飾、構築部分は可能な限り本国より寄せ、施行は清水建設、また大陸・台湾の匠が技をふるいました。2,000人を超える人びとから寄せられた募金は6億円にのぼりました。焼失から5年近くの歳月を経て、1990年(平成2年)8月14日、第四代關帝廟の開廟式が開かれました。
時代とともに
 三度の焼失を乗り越え、四度生まれ変わった 横竟霙詆澄K詼の開港、震災、戦災、戦後世界。それぞれの時代の中で起こった出来事によって、關帝廟はその姿形を変え、同時にその性格も変容していきます。小さな祠から出発し、第三代までの關帝廟は中華街の通りの奥に鎮座し、参拝するのはほとんど華僑で、中華街の鎮守的性格が強かったといえます。しかし、第四代關帝廟は通りに面した開放的な場所に建てられたため、中華街に暮らす人たちだけでなく、この街を訪れる多くの観光客が気軽に足を運ぶ場所になりました。關帝廟は信仰の場であるとともに、中華街、あるいは横浜観光の顔としての性格もあわせ持つようなったのです。今後も時代の変化とともに、關羽信仰を始めとする中国文化の発信地として、新たな役割を担っていくことでしょう。

(伊藤泉美 横浜開港資料館)

初代關帝廟 ファー・イースト
The Far East Vol.II,No.VIII,1871年9月16日号 横浜開港資料館所蔵 五姓田の絵とほぼ同じアングルで撮影された写真。「同善堂」は關帝廟を運営する中華会館の母体となった組織と考えられる。
初代關帝廟 五姓義松画
明治初年 神奈川県立博物館所蔵 「同善堂」の扁額には「大清同治九年孟夏」と読める。同治九年は1870年。

關帝廟の外観 1910年頃
『横浜市稿風俗編』(1932年)より

横竟霙詆晴修25周年記念關帝誕
1910年7月 横浜開港資料館所蔵 横浜の老舗絵葉書店トンボヤから出された記念絵はがきの一枚。現在の關帝廟通りを、山車を先頭に長い行列が練り歩く。

關帝誕を報じる新聞
『東京朝日新聞』『都新聞』『東京毎日新聞』 1910年7月30日

中華街大通り 20世紀初頭
横浜開港資料館所蔵 中華街には貿易商、料理店、両替店、籐家具店などが軒を連ね、学校、領事館、劇場なども開かれて賑わいを見せていた。

中華公立学校と中華会館1930年
横浜開港資料館所蔵 右手の中華会館の奥に二代目の關帝廟が開かれた。

中華街大通り 1933年頃
横浜開港資料館所蔵 この頃には中華街は復興をとげ、中華料理店が並ぶ、横浜の観光名所へと成長していた。

第三代關帝廟
1959年10月10日 広瀬始親氏撮影寄贈・横浜開港資料館所蔵 双十節の日、關帝廟に獅子舞に惹かれた子供たちが集まる。

第四代關帝廟