関聖帝君について

横浜 関帝廟

關帝誕の神事・祭事
■拝神儀式
西暦160年農暦(旧暦)6月24日に生まれた關聖帝君の誕生日を祝って行なわれる拝神儀式です。神殿内の鐘と太鼓を合図に厳粛に執り行われます。 数多くのお供え物を献上し關聖帝君を讃えると共に街の繁栄と安泰が希求される儀式です。

「關聖帝君とは三国志で有名な実在の人物武将關羽(字雲長)を神格化した名前です」
会場:横浜關帝廟(神殿内)
■新生児成長祈願儀式
会場:横浜關帝廟(神殿内)
■神輿の巡行
關帝誕当日は關羽様を神輿にお乗せして中華街を巡行します。 この巡行には将軍組、獅子舞、龍舞、神楽隊、演舞等が随行し来外者の方々に中国伝統芸能を披露致します。

關羽様の神輿が巡行する際、個々の店舗前に祭壇を準備し線香をお供え頂き生誕を祝います。また媽祖廟からも台湾大天后宮から参訪団の皆様に応援頂き、媽祖様の神輿も随行します。
会場:横浜中華街全域
■見どころ 「關平将軍」と「周蒼将軍」
關羽様のご神体を神輿(みこし)にのせ、街を練り歩く巡行(パレード)が行われます。 中華街らしい華やかなパレードは中華街最大のお祭りのひとつとして、是非一度は見ていただきたいシーンです。このパレード、実は1910年頃に中華街で実際に行われていたという記録があり、それを再現したものです。
「将軍組み」がパレードに参加します。これは関羽様の息子「関平(かんぺい)」と家来の「周蒼(しゅうそう)」、そして媽祖廟で媽祖様を背後でお守りしている「順風耳(じゅんぷうじ)」と「千里眼(せんりがん)」がパレードに登場します。 古式にのっとったパレードぜひご覧ください。
■横浜中華街全域地図